銀行と消費者金融の良い点を併せ持つSMBCモビット

お金に困っている人にとって、カードローンは便利なサービス。

 

しかし数ある消費者金融の中で、実際にどこをえらえばいいのか?迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのがSMBCモビットのカードローンなんです。

 

まずはSMBCモビットの基本スペックとおすすめポイントを簡単に確認していきましょう。

 

 

カードローン 実質年率 融資枠 無利息期間
SMBCモビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし

 

SMBCモビットのおすすめポイント
  • 即日融資に対応可能
  • WEB完結でカードレス!電話なし!
  • 最短30分審査を実現

 

このようにSMBCモビットでは、誰でも手軽に利用できるキャッシングサービスが充実!

 

カードローンで気になる審査時間や、すぐに融を受けられるのか?と言った点も、SMBCモビットはしっかりと押さえています。

 

 

サラ金と消費者金融

 

かつて消費者金融はサラ金と呼ばれ社会問題になっていたこともあります。しかし今は、貸金法にのっとって健全な運営を行っています。

 

大手銀行が運営に参加しているところも多く、格段に安心感はアップしています。

 

SBCモビットは銀行グループの傘下に属する安心の消費者金融!

 

SMBCモビットは、銀行グループ会社の消費者金融です。消費者金融と聞くと、あまり良いイメージを持たない方も多いですよね?しかし銀行グループが運営する消費者金融なら、その安心感も違います。

 

またSMBCモビットの特徴は、銀行と消費者金融、どちらも良い面を兼ね備ている高スペックカードローンであること。

 

銀行カードローンの場合、キャッシングの審査がより厳しく判断されるケースも多いでしょう。また利息の設定額も、銀行のほうが高くなる場合が多いです。

 

しかしSMBCモビットの審査では、銀行の傘下にあえいながら、その審査基準はる消費者金融の水準に合わせています。そのため比較的誰でもはじめやすいカードローンと言えるでしょう。

 

こうしたことから銀行グループである安心感と、消費者金融の特徴である利便性の両方を兼ね備えた、おすすめのカードローン会社となっています。

 

WEBサービスが便利!即日融資にも柔軟に対応可能

 

消費者金融からお金を借りたくても、どのように手続きをすればいいか分からない方も多いのではないでしょうか?面倒な手続きが必要であったり、分かりにくかったりすると、利用をしたくてもなかなか前に進めませんよね。

 

SMBCモビットでは、消費者のことを考えてさまざまなサービスを用意しています。まず申し込みに関してですが、消費者金融の利用申し込みと言えば、店舗や無人契約機に出向いて申し込みをするというイメージが強いのではないでしょうか?

 

SMBCモビットでは、WEBで申し込みが出来るサービスを行っているのです。申し込みはもちろんのこと、審査や借り入れ手続きまで全WEB完結なので、わざわざ店舗などに立ち寄る必要はないのです。

 

忙しく生活をしていてなかなか時間をつくれない方、日中に店舗を出向くことが出来ない方には、非常にありがたいサービスと言えるでしょう。

 

SMBCモビットで即日融資を成功させる方法は2種類!

 

SMBCモビットでは、店舗や無人契約機に出向くことなく、借り入れの申し込みや手続きを行うことが出来ます。インターネットを利用してWEBから申し込みやさまざまな手続きを行うことが出来るのです。

 

しかし中にはWEB申込だと、実際に借り入れが出来るまでに日数がかかるのでは?と思われるかもしれません。しかしSMBCモビットではWEBの申し込みでも即日融資を受けることが出来ます。

 

その方法を詳しく解説していきましょう。

 

WEB完結の即日融資

 

まずはWEB完結の簡単なポイントをチェックしていきましょう。

 

  • カード発行なし
  • 最短30分審査
  • スマホ一つで申込から借入までスムーズ
  • 振込キャッシング型

 

WEB完結指定した口座に振り込んでもらうという方法です。このWEB完結に申込をするときは、

 

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

 

など、上記3つのいずれかで口座を持っている必要があります。

 

これらの口座所持をすることで、借入金を振り込むことが出来ますので、ローンカードの発行をしたくないという方は上記の口座開設が必要となります。

 

WEB完結の即日融資は、申込み時間に注意!

WEB完結の場合、14:50までに振り込みをしなければ、当日お金を手にすることが出来ません。そういったことを考えると、申し込みは午前中の早い時間にしておいた方がいいでしょう。

 

WEB完結まら在籍確認の電話を省略できる!

SMBCモビットでは、在籍確認の電話を省略することが出来るため、職場への電話連絡が困るという方に、非常に高い評価を受けています。これはWEB完結で申し込みすると、在籍確認の電話を受けることなく利用をすることが出来るのです。

 

申し込み手続きをきちんとして必要書類の提出をすれば、電話で確認が入るようなことは一切ありません。またローンカードを発行せずに借り入れを行うことが出来ますので、郵送物などが自宅に届くこともありません。

 

職場の人はもちろんのこと家族にも消費者金融の利用を知られずに済みます。

 

消費者金融からお金を借りていることを人に知ってほしいという人はいませんよね?人に知られることなく利用が出来るというのは、利用者が最も求めていたことではないでしょうか。

 

在籍確認の電話を回避するときに必要な書類

電話なしの対応にする場合は、必要書類の提出が求められます。この書類を提出しなければ、借り入れをすることが出来ません。その書類は、所得を証明出来るものを提出をしなければいけません。

 

審査の際に安定した収入があるかを確認しますので、そのために必要な書類となります。どのような書類を提出すればいいかと言いますと、

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 直近2カ月の給与明細

 

といった書類のいずれかがあればOKです。

 

給与明細を提出する場合、賞与明細があれば併せて提出をした方がいいでしょう。

 

インターネット申込みの即日融資

SMBCモビットではWEB完結の他に、インターネット申込があります。その特徴は、

 

  • ローンカード発行
  • 即日融資の対応時間が長い
  • 土日・祝日関係なく融資を受けられる
  • ATMキャッシング
  • 在籍確認の電話連絡あり

 

といったように、WEB完結型よりも即日融資に対して柔軟に対応している申込方法です。

 

カード発行型のインターネット申込は、多くの消費者金融が行っているローンカードを利用します。ローンカードを発行し、そのカードをATMで利用をして借りたお金を引き出す方法です。

 

ATMが利用出来るのは、店舗や無人契約機、コンビニなどさまざまな場所で利用が出来るようになっています。

 

ローン契約機を利用して土日も即日融資OK

 

遅い時間に借り入れの申し込みをする場合無人契約機(ローン申し込み機)の利用が便利です。夜の21時まで営業を行っていますので、会社帰りでも借り入れの手続きが間に合います。

 

無人契約機は全国各地にありますので、借り入れを検討されている方は、事前にどこに無人契約機があるか確認をしておいてください。

 

無人契約機では、借り入れの申し込みと審査、ローンカードの発行を行うことが出来るようになっています。

 

ローンカードが発行されれば、近くのATMでお金を引き出すことが出来ますので、遅い時間の即日融資も可能となります。また、無人契約機の利用時間を短縮出来る方法がありますので、併せてご紹介をしておきます。

 

インターネットで事前に借り入れの申し込みを済ませておくのです。そうすれば、審査結果が出てる状態で無人契約機を訪れることになりますので、あとはローンカードの発行だけとなり、かなり時間短縮をすることが出来ます。

 

SMBCモビットは非正規雇用者でも利用出来る!

 

時代に伴い、仕事をするといってもさまざまな雇用形態が出てきています。正規雇用者が多かった時代は終わり、今では非正規雇用者の数が増えてきているのです。非正規雇用者の中でも、派遣社員の数というのはかなり多くなっているようです。

 

派遣社員として働いている人は、消費者金融でお金を借りることは出来ないのでしょうか?派遣社員は、働き方としては正社員と同じようにフルタイムで働くことが多いです。

 

ですので、ある程度の収入も確保出来るのですが、正社員のように職の安定性があるとは言い切れません。

 

そんな中でも前述のように、SMBCモビットは誰でも利用しやすいカードローン会社。

 

そのため非正規雇用の人でも、気軽にキャッシング申込をすることができます。

 

派遣社員でもモビットは申し込み可能

 

派遣社員の場合、モビットに借り入れの申し込みをしても、申し込み段階で断られるようなことはありません。審査を受けることは出来ますし、審査に通過することが出来ればカードローンを利用することも出来ます。

 

審査の結果に関しては派遣社員だからといって一律同じ回答ではありません。

 

  • 年収
  • これまでの借り入れ履歴
  • 事故履歴

 

などを個々にチェックして、それぞれの申し込み人の方の状況に応じた審査結果の回答をしています。

 

借り入れの審査に落ちる理由は?

 

派遣社員の働き方というのは、人によってさまざまです。大半の方が正社員と同じようにフルタイムで働いていらっしゃいますが、中には週3の勤務であったり、短時間の勤務であったりもします。

 

長期の雇用契約を結んでいる人もいれば、数日の短期間で雇用契約を結んでいる人もいます。さまざまな働き方がありますが、モビットでは安定した収入があることが借り入れの絶対条件になります。

 

安定性がないと判断されてしまうと、派遣社員として働いていても審査に落ちてしまうのです。

 

派遣社員だからといって審査基準が厳しいことはありません。どんな雇用形態であっても、年収を確認して収入の安定性が審査基準の条件に当てはまるかを確認しています。

 

SMBCモビットはパートやアルバイトでも利用出来る?

モビットでお金を借りたいと思っている人の中には、パートアルバイトで収入を得ている方もいらっしゃるでしょう。そんなパートやアルバイトの方は、モビットを利用することが出来るのでしょうか?

 

パートやアルバイトの場合、正規雇用者よりも収入が少ないことが多いので、審査に通過することが出来ないのでは、と心配をされている方も多いようです。

 

パートやアルバイトもカードローンの利用は可能

モビットでは、非正規雇用者への貸し付けも行っています。ですのでパートやアルバイトという雇用形態の方でも、審査の申し込みをすることが出来ますし、カードローンの利用も出来ます。安定した収入さえあれば、雇用形態に縛りは一切ありません。

 

パートやアルバイトの審査基準

パートやアルバイトは、収入が少ないということから、審査基準が正規雇用者よりも厳しいのではないか、という話をよく耳にします。モビットでは、正規雇用であろうと非正規雇用であろうと、審査の基準は全く同じです。

 

貸したお金を返すことが出来るかを審査では確認していますので、返済能力があるという判断になれば、正規雇用でも非正規雇用でも働き方は一切問いません。パートやアルバイトだけ特別な審査基準が設定されているということはありません。

 

SMBCモビットでは、安定した収入があればどんな働き方でもいい、としていますので、パートやアルバイトで安定した収入があれば、審査に通過をすることが出来ます。

 

ただ安定した収入の他に、過去の延滞履歴や事故履歴も確認しており、そこに問題があれば収入が安定をしていても審査には通過することが出来ません。

 

カードローン選びで重要な6つのポイントをご紹介します

 

現在では、SMBCモビットのように、コマーシャルで広告をやっているキャッシングサービスも増えてきましたね。

 

そんな中で他ローンも含めてカードローン会社を選ぶ時に、数あるカードローン会社の中では、どれにしようか迷ってしまう人も多いはず!もちろんSMBCモビットもおすすめですが、他のカードローンと比較して兼用する場合は、次のポイントに注目してみましょう。

 

そこで実際に、次の6つのポイントに注目することが大切です。

 

  1. 金利の低さ
  2. 審査や融資のスピード
  3. 電話の在籍確認省略
  4. 審査に通過しやすいかどうか
  5. 無利息期間サービスなど豊富なキャンペーン充実

 

ここでは、カードローンを選ぶ際に注目したい6つの重要なポイントについてご紹介しますので、カードローン選びのための参考として活用してみてください。

 

金利の低さ

カードローンを選択する場合には、やはり金利の条件が重要になります。カードローンで借り入れを利用した場合には、借り入れの元金に利息を加えた金額を返済することが必要です。利息は借入額×金利(年率)÷365日×利用日数の算式で計算されますので、金利が高く利用日数が長い場合には高額の利息が発生することになります。

 

また借入額が大きい場合にも同様に高額の利息が発生しますので、大きな金額を長期で借り入れる場合には特に金利の条件に注目することが必要なのです。

 

カードローンの金利は金融機関ごとにそれぞれ自由に設定しているのですが、基本的には消費者金融系のカードローンよりも銀行系カードローンの方が低金利で利用できることが多くなっています。

 

消費者金融系カードローンの場合には上限金利は18%程度に設定されているのですが、一方の銀行系カードローンの場合には上限金利は14%から15%程度に設定されていることが多いようです。この金利の違いについては、銀行と消費者金融の営業方針の違いが大きく影響しています。

 

銀行では厳しい審査を行い、返済が確実であると判断された顧客に限って融資を行います。さらに自社で調達した資金を活用して融資を行いますので、低コストで確実な融資を行うことができるのです。一方の消費者金融では比較的審査に通りやすく、多くの人が気軽に利用できることが特徴となっています。

 

またその資金は提携する銀行などからの借り入れにより調達しているため、融資のためのコストが高くさらに貸し倒れの可能性も高くなっています。

 

消費者金融系のカードローンではこれらのデメリットを補うために、銀行系カードローンよりも高額の金利を設定しているのです。

 

審査や融資のスピード

現在のカードローンでは、ATMの利用や口座への振込みなどにより融資を受けることができます。

 

カードローンの多くでは提携するコンビニのATMを365日24時間いつでも利用することができますし、また提携金融機関の普通預金口座を持っていれば振込みによる即時入金にも対応できることが多いようです。

 

ただしカードローンに新規に申し込む場合には、金融機関ごとに審査や融資のスピードが異なるため注意が必要になります。一般的には消費者金融系カードローンの方が、銀行系カードローンよりも審査や融資のスピードが早いようです。

 

消費者金融系カードローンでは、日本全国に設置されている自動契約機を利用すれば土日祝日でも即日融資を受けることができます。一方の銀行系カードローンでは審査が慎重に行われるため審査や融資には時間がかかりますし、また土日祝日の利用は制限されることになります。

 

すぐにお金が必要な場合などには、審査や融資のスピードが早い消費者金融系カードローンに申し込むことを検討してみてください。

 

電話の在籍確認省略

カードローンに申し込むことを躊躇している人の場合には、審査の際に行われる電話による職場への在籍確認に不安を感じていることが多いようです。

 

在籍確認はカードローンの審査には欠かせない手続きであり、職場に電話をかけて在籍の有無を尋ねることにより確認を行っています。在籍確認の際には担当者が個人名で電話をしますので、職場の同僚などが電話に出てもカードローンの在籍確認であることはわからないのです。

 

電話による在籍確認をそれほど心配する必要はないのですが、普段電話がかかってくる機会がない職場などの場合にはやはり電話による在籍確認は避けたいのではないでしょうか。

 

そのような人には職場への電話による在籍確認を省略できるカードローンをおすすめします。大手消費者金融であるSMBCモビットのカードローンでは電話による在籍確認は行われませんし、またアコム・アイフル・プロミスでは職場への在籍を証明できる書類を提出することで電話による在籍確認を省略することができます。

 

まずは気軽に電話をしてオペレーターに相談をしてみてください。

 

ちなみに銀行系のカードローンの場合には、銀行名で在籍確認の電話がかかってくることになります。消費者金融系のカードローンとは異なり柔軟な対応を期待することは難しいようですが、銀行からの電話であればかまわないと考える人などもいるようです。

 

審査に通過しやすいかどうか

カードローンを提供する金融機関各社では審査基準は公開していませんので、審査に通過しやすいカードローンが存在するのかどうかについては「わからない」ということになります。

 

ただしこれまでのデータなどの蓄積により、カードローンの審査には一定の傾向があるということが判明しているのです。

 

一般的には消費者金融系カードローンの方が銀行系カードローンよりも審査には通りやすくなります。消費者金融では審査のハードルを下げることにより、スピーディーな審査や融資を実現しています。

 

サービスを充実させて新規の顧客を獲得することに力を入れているのです。一方の銀行では融資を確実に回収ができることを重視していますので、審査は厳しく行われることになります。

 

実際に銀行系カードローンに申し込んで審査に落ちてしまったという人の場合でも、消費者金融系のカードローンであれば審査に通過できることが多いようです。

 

無利息期間サービスなど豊富なキャンペーン充実

カードローンを提供する金融機関各社では様々なサービスに力を入れているのですが、その中でも特におすすめなのが無利息期間サービスです。

 

無利息期間サービスではあらかじめ決められた一定の期間内(30日以内など)に返済を行うようにすれば、カードローンを利息の負担なし(利息0円)で利用することができます。

 

給料日の直前にお金が必要になった場合などには、便利でお得なサービスだといえるでしょう。

 

ただし無利息期間サービスを利用するためには一定の条件(カードローンの利用が初めてであることなど)を満たすことが必要になりますので、利用条件などを事前にしっかりと確認しておくようにしてください。

 

利用目的やライフスタイルに合致したカードローンを選択しましょう

カードローンを大きく分類すると、消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの2つに分けることができます。

 

消費者金融系のカードローンは審査に通りやすく即日融資にも対応しているのですが、金利はやや高めで総量規制による借り入れ限度額の制限を受けることになります。

 

一方の銀行系カードローンは低金利で大きな金額を借り入れることができるのですが、その一方で審査は厳しく行われますし即日融資なども難しいようです。

 

パートやアルバイトなどの非正規雇用の人などには審査に通りやすい消費者金融系のカードローンをおすすめしますし、また公務員や大企業の正社員の人などには低金利で大きな金額を借り入れることができる銀行系のカードローンをおすすめします。

 

カードローンにはそれぞれにメリットとデメリットがありますので、その特徴をしっかりと理解して自分の利用目的やライフスタイルに合致したカードローンを選択するようにしましょう。